シナ ぷしゅ。 1歳児に大ウケの乳幼児番組「シナぷしゅ」の魅力

11月のうた「タベタイ」を聴いて思うこと|シナぷしゅ|note

育児に疲れた大人を癒やしてくれる番組 もう一度シナぷしゅの番組説明を見ると、 「パパママの力が「ぷしゅ〜」と抜けるそんな番組です。 そういった働き方でもちゃんとしたコンテンツを生み出すことは出来るということを示せたらと思っています。

9

1歳児に大ウケの乳幼児番組「シナぷしゅ」の魅力

まとめ 今回は、私の1歳半の娘が大好きな「シナぷしゅ」について紹介しました。 照明:水野暁夫• でも、生活のなかの要所要所で「申し訳ないけど、いまだけはこの動画に夢中になって」という瞬間があります。

8

11月のうた「タベタイ」を聴いて思うこと|シナぷしゅ|note

<知育クイズ> これなぁーんだ?色んな「形」が視点を変えると違った姿になるクイズコーナー <スケッチモーション> 手でイラストが動き出す、ワクワクする動画。 お父さんお母さんは必死なのです!そんな張り詰めた空気をぷしゅ~と抜きながら、赤ちゃんにたくさんの楽しい刺激をお届けしてシナプスがぷしゅぷしゅと活性化するような番組作りができたらと思っています。 協力:(第1回)• 飯田 これだけ多様なメディアが存在する世の中になって、動画コンテンツの選択肢なんて掃いて捨てるほどある世の中なのに、乳幼児向け番組だけなぜNHK Eテレの番組ひとつだけでいいと思えるんだろう? 民放の中にもひとつぐらいは新しい選択肢を提供する番組があってもいいんじゃないか? そう思って『シナぷしゅ』の企画を立ち上げたんです。

テレビ東京が進めている「働き方改革」とは? 新番組『シナぷしゅ』プロデューサーに聞く|日刊サイゾー

適切な刺激でシナプスをどんどん増やし、脳の発達につながる、そして赤ちゃんの世界が「ぷしゅ」っと広がり、パパママの肩の力が「ぷしゅ~」っと抜ける、そんな番組を目指します。 TVer• そして、ドレミの音階を使わない不協和音を落とし込んだ「とっぴんぱらりのぷぅ」は、 「音楽が生まれる一歩手前の、音の赤ちゃん」であり、 本来の音楽に近い印象の楽曲を意識して作られたという事です。 初めてのプロデューサー業を務める。

15

テレビ東京が進めている「働き方改革」とは? 新番組『シナぷしゅ』プロデューサーに聞く|日刊サイゾー

テレビ東京では他にも働き方改革を一生懸命押し進めていて、在宅勤務の運用も始まっています。

テレビ東京が進めている「働き方改革」とは? 新番組『シナぷしゅ』プロデューサーに聞く|日刊サイゾー

子供への刺激や学びに正解はなく、番組も敢えてバラバラな、でも一つ一つに想いを込めたコンテンツをお届けします。 早いもので今年も残すところあと2ヶ月を切りました。 スケッチモーション 手で描いたイラストが動き出す、魔法のお絵かき! おわりぷしゅ(ダンス) 「はじまりぷしゅ」と同じ5人の子どもたちが元気いっぱい体を動かします。

1歳児に大ウケの乳幼児番組「シナぷしゅ」の魅力

とてもうれしいです。

8

テレビ東京が進めている「働き方改革」とは? 新番組『シナぷしゅ』プロデューサーに聞く|日刊サイゾー

長時間労働が当たり前だったテレビ業界の会社で雰囲気が変わり始めているのは良いことだなと思っています。 コロナの収束が見通せない中ですが、 「インビジブルを信じ抜く」ことが大切ですね。

テレビ東京が進めている「働き方改革」とは? 新番組『シナぷしゅ』プロデューサーに聞く|日刊サイゾー

画像協力:、、新潟市水族館マリンピア日本海• コンテンツは、子供の興味を引く面白いものだけでなく、知育系など子供の成長に繋がりそうなコンテンツがバランス良く入っているのも嬉しいです。 オンラインでも、オフラインでも、時代に合わせた 新しいイベントの形を、 皆さんと一緒に探っていきたいと思っています。 もいもいやるっていうから次男向けかと思ったらひらがなや英語、料理やったりと幅が広くて長男も十分楽しめる内容になっててとてもよかった。