ブスコパン 作用。 消化管検査で使う抗コリン剤とは?

ブスコパンによる副作用

従来の抗コリン薬は消化器系臓器において、優れた抗アセチルコリン作用を示す一方で、散瞳作用(羞明)や唾液分泌抑制作用(口渇)、膀胱収縮抑制作用(排尿障害)などを有していた。 ちなみに、ブスコパンには眠気の副作用は報告されていないのですが、重大な副作用として意識の混濁や判断力の低下が起こることがあるため、この際に意識が遠のく感覚を覚えるかもしれないので、こうした症状が現れたらすぐに服用を中止して、医師に相談してくださいね。 それから、イレウス(腸閉塞)患者や出血性大腸炎の患者や赤痢菌など重篤な細菌性下痢患者の方、緑内障患者に対するブスコパンの使用は禁忌とされています。

15

ブスコパンの効果や時間と副作用や禁忌!胃痙攣や吐き気には?

特に花粉症の季節や風邪薬など抗ヒスタミン剤を内服している方は医師や薬剤師に相談してから内服することをおすすめします。 口渇は抗コリン作用による唾液分泌の低下が原因。

18

医療用医薬品 : ブスコパン (ブスコパン注20mg)

消化管のX線検査や内視鏡検査の前処置としても使用されます。

ブスコパンによる副作用

薬で様子見とのこと。

3

ブスコパン錠10mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

一般的には、目のなかの房水が増大し 眼圧が上昇、視神経を圧迫することで発症。

4

ブスコパン(ブチルスコポラミン)作用機序・妊娠・授乳中の服用は?

これは胃腸に細菌やウイルスなどが感染してしまった感染性腸炎においては好ましい作用ではありません。 ん?間隔・・、間隔・・。

12