地域 医療 と は。 地域医療支援病院

地域医療構想はなぜ必要?地域医療構想と医療における2025年問題

図1 日本の人口の推移 高齢化の状況には地域によって大きく異なります。 なぜなら、今後の医療に対するニーズが変化するだけでなく、地域医療のあり方にも影響が及ぶ可能性すらあるのです。 医療計画の内容は、全住民に関係の深い「5疾病(癌 がん 、脳卒中、急性心筋梗塞 こうそく 、糖尿病、および精神疾患)」と、医療の確保のための「5事業(救急医療、災害時における医療、僻 へき 地の医療、周産期医療、小児救急医療を含む小児医療と、その他の疾病の発生状況に照らして都道府県知事がとくに必要と認める医療)」についてであり、地域の実情に応じて、それぞれの疾病や事業の目標、医療提供施設相互間の機能分担と業務連携を確保するための体制(医療連携体制)を定めて、実施計画の記載を行うこととされている。

地域医療の課題解決へ。オンライン診療とヘルスケアモビリティの可能性

脚注 [ ]. 岐阜県 [ ]• 伊那市の実証実験では、テレビ電話ができる設備を搭載した車両を用意。 一番の違いは、算定に用いる人口推計の時点です。 ・機能区分(高度急性期、急性期、回復期、慢性期)ごとの医療需要 ・高齢者人口のピークアウト後を含む医療需要の推移 ・疾病別の医療供給の状況、各医療圏の患者流出入、交通機関の整備状況などの地域事情 ・都道府県内の各医療圏の医療機関の分布等 4.地域医療構想における病床機能区分 地域医療構想においては、高度急性期、急性期、回復期、慢性期の4つの医療機能ごとに、将来の医療需要を推計しています。

15

地域医療の課題解決へ。オンライン診療とヘルスケアモビリティの可能性

承認要件 [ ] 要件は医療法第4条(具体的には医療法と厚生労働省令)に記されている。 また、お話を伺った黒木さんも期待を寄せているのが、MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)の可能性。 地域医療における2つの課題「アクセスの不均衡」と「専門医の偏在」 国内にある地域医療課題について教えていただけますか。

1

地域医療とは

DPCデータの分析から、医療資源投入量と入院日数との関係をみると、入院日数の経過につれて、医療資源投入量が逓減していく傾向があります(図5)。

地域医療

なお、175 点未満の患者数については、慢性期機能及び在宅医療等(居宅、特別養護老人ホーム、養護老人ホーム)の患者数として一体的に推計することとしています。

20

地域医療とは

これらを基に、推進するための役割を担うのが地域医療構想調整会議です。

2