今村 夏子 ピクニック。 違和感を抱えて生きるすべての人へ。読者の心をざわめかせ続ける著者の最新作品集。 今村夏子【刊行記念インタビュー】

「こちらあみ子/著 今村夏子」の感想

単純に「面白い」という作品ではないのだが、読みながら様々な思いがグルグルしてしまうという意味では、やはり面白いということなのだろう。

5

花束みたいな恋をしたの映画レビュー・感想・評価「今村夏子の『ピクニック』を読んでも…」

継母もきっとあみ子を受け入れようと最初は頑張っていたんだと思うんですよ。 このあたりは別個の感想でまた触れます。 最初は一緒に走っているのに、最後にぽーんと私だけ突き飛ばされてしまうような、線路が途中で切れてしまったみたいな感じです。

14

こちらあみ子 今村夏子

「放っておけば新しい恋人がひょっこり登場してきますよ」新人は知ったようなことを言った。 新しい母のことを「ほくろの人」と思ってはいけないのか……。

9

今村夏子(アメトークで紹介)の経歴は?結婚と夫と子供もリサーチ!

七瀬さんは、春げんきの携帯電話を探していたのでした。 なぜ私がルミたちの書かれていない悪事を知ったかというと、小説の中にあらゆる形でヒントが与えられていたからです。 周囲はあみ子に振り回され、疎み、敬遠する。

14

ただ、今に一途であるということ

あみ子のことばかり言及されて、その「関係性」としての方法意識があまり述べられていないような気がしたので、敢えてそこを強調してこのレビューは書いた次第です。 二度目に読んだときに、印象が変わったんです。 介在するはずの〈大人〉をすっとばして直線に結びつく〈子供〉と〈老人〉。

【今村夏子】『ピクニック』のあらすじ・内容解説・感想|純文学のすゝめ

作風もぜんぜん違うのに。 過去や未来は関係ない。 でも呼ばれたのだから、はあいとこたえて祖母の声がする家の中へと向かう。

今村夏子(アメトークで紹介)の経歴は?結婚と夫と子供もリサーチ!

問題なのは、その人が誰にも通じない心を持ち得ている場合です。

3